英教塾(えいきょうじゅく)とは


今、日本の英語教育は変革の時を迎えており、英語のみの授業や4技能習得のための授業が求められています。

「長年日本語を使って授業をしているので、英語のみの授業の仕方がわからない。」
「4技能習得のための授業と言われても、それぞれの技能をどう教えていいのかわからない。」
「新しい指導をするための、自分の英語力に自信がない」

など、日本全国から多くの先生のお悩みを聞いています。

『英教塾』では、このようなお悩みを解決すべく、これからの指導に必要な英語力や指導力の向上のため、
様々な講座を開いています。日本全国から、乳幼児、小・中・高・大学、塾、教室などの様々な
英語の先生が学んでいます。

4技能それぞれ大事なポイントがいくつもありますが、主なものは、

  • Listening:
    日本語に訳さずに瞬時に聞いて内容を理解できる。
  • Reading:
    英語の文章を日本語から英語に訳さず、 後ろから戻らず、文の始めから素早く理解する。
  • Speaking:
    日本語から英語に訳さず、文を作るために沈黙せず、瞬時にわかりやすく話すことができる。
  • Writing:
    日本文から英文に直すことなく、英語の文書を英語らしい論理的な展開で書くことができる。

つまり、『日本語を介さず、英語を瞬時に理解し、自然に素早く使える』ということです。
先生方がこれらの4技能を指導するには、ご自身が4技能を身につける必要があります。

ご自身の4技能に自信の無い先生はいらっしゃいますか?

このような英語力を身につけるのは難しそうに聞こえますか?

いいえ、方法さえ正しければ、誰でもこれらの4技能を習得することができます。

でも、ここで問題があります。

4技能習得の問題点


1.単発のセミナーや短期間では取得するのが難しい。

全国で開かれる学会や教員セミナーでは、素晴らしい模擬授業を見学したり、体験したりすることができます。
英語のみの指導や4技能指導についての模擬授業も見る機会が以前に比べて増えてきました。
しかし、せっかく素晴らしい授業を体験しても、同じようにできないと思うことはありませんか。

その理由の1つとして、模擬授業をしている先生と、英語を運用する力が違うことが考えられます。
自分自身が、英語のみで授業ができる英語力を持っていなければ、素晴らしい英語のみの授業をどんなに見ても、
同じようにはできるようにはなりません。

また、4技能のそれぞれには多くのスキルの習得が必要ですが、単発のセミナーや短期学習では、
それらを総合的に学べません。

センター試験から移行される外部の4技能試験でも、実際に英語を使う海外の大学、また国内の大学でも、
英語のみで講義を行うところが増加し、様々なスキルを必要とします。

例えば、listeningでは、要点がわかるスキル、その要点を取るためのnotetaking、
その要点を伝えるための要約のスキル、細かい情報を聞き取るスキル、語彙、文法を理解するスキル、発音のスキル、
わからないところを想像するスキル、speakerをサポートするスキルなど、様々なスキルが必要とされています。

これらを総合的に学んで初めて、listeningの本当の力がつくのです。

しかし、1日や短時間では、総合的に先生自身がlistening 力をつけることも、指導力をつけることも難しいでしょう。


2.現役の先生が、指導で必要な知識と実践を総合的に学べる、先生専用の学校や指導者になかなか出会えない

先生には、4技能を指導する英語力と、それを駆使した指導力の両方が必要です。
しかし、その両方を一ヶ所で学べる学校がほとんどなく、その両方をリンクして教える指導者もなかなかいません。

英語力を上げるのに語学学校に行っても、先生が必要な英語力を効果的に学ぶことはできません。

指導法だけを学んでも英語力がなければ指導できることには限界があります。

「使える英語」を総合的に教えるには、英語のノンネイティブスピーカーに英語を教える指導法が大変有効です。
これは英語教授法(TESOL = Teaching English to Speakers of Other Languages)
と呼ばれるものです。

世界中の多くの国々で、この教授法を学んだ指導者がたくさん指導にあたって効果を上げています。
しかし、日本では、この英語教授法を学べる大学院が大変少なく、この学問を知らない先生もたくさんいらっしゃいます。

さらに日本人の先生にそのような指導法を教えるには、日本語を十分理解し問題なくコミュニケーションできる、
しかも日本の英語教育を精通している指導者の方がいいわけですが、そのような指導者があまりいません。